エロ電話のテクニック

technique

実況中継する

相手の顔が見れないエロ電話において、どんな女性にも使える効果的なテクニックの一つが「実況中継」です。

M女であれ、S女であれ、相手の女性たちにはあなたの声と音しか聞こえません。つまり、相手が今どんな状態か、相手が今どんなことをしているのかを電話の向こうで妄想しているのです。

そこであなたの性器がどうなっているのか、どんな格好でどこをどのようなやり方で弄っているのか、詳細に実況中継することで女性の妄想はさらに掻き立てられることでしょう。

もちろん、相手の女性にも同じように実況中継させることでこちらが興奮するばかりかエロい事を口にしている女性自身も興奮が増すに違いありません。

エロい言葉を使う

せっかくのエロ電話なので、普段、彼女や妻に言えないようなエロい言葉をふんだんに盛り込みましょう。命令口調で責められたい女性、M男を虐めてみたい女性など女性もそれぞれ密かな願望を持ってかけてくるので、ここぞとばかりにキャラになりきってイメプレを楽しむという手もあります。

擬音を使う

言葉と同じく重要なのが「音」です。繰り返しになりますが、相手の女性は「音」で妄想を膨らませます。

そこで、オマンコをおもいっきりクンニする音やペニスをおもいっきりピストンさせる音を聞かせてその妄想を膨らませてあげましょう。

例えば、オマンコをクンニする音は自分の腕などに口を当ててちゅぱちゅぱという音を出すことができます。ペニスを挿入する音は実際のペニスにローションつけ非貫通型オナホールを真空にさせ使うなどしてリアルな音を再現することができます。

アダルトボイスや盗聴で勉強する

エロ電話でどんな言葉を使えばいいか分からない人は「アダルトボイスコーナー」や「盗聴コーナー」を聞いてみることをおすすめします。他人のテレフォンセックスを盗聴することで思いもよらない単語やボキャブラリーが増えること間違いありません。

いかがでしたか?

次のページは…

エロ電話の相手

・テレクラで出会う
・ライブチャットで出会う
・SNSで出会う

次はエロ電話の相手と出会うための実践編です。

PAGE TOP