Apple Vision Proでメタバースセックスを体験してみた家電ライターさん(40歳・サンフランシスコ)にインタビュー

Apple Vision Proでメタバースセックスを体験してみた家電ライターさん(40歳・サンフランシスコ)にインタビュー

優太さん(40歳・男性・サンフランシスコ・ノマドワーカー)への取材インタビューです。

生身のエロライバーとのバーチャルセックスと、3Dアバター同士のメタバースセックスを両方経験されている優太さん。Apple Vision Proのレビューをしつつ、人間とのセックスと、AIセックスとの棲み分けについて論じてくださいました。

取材メモ
プロフィール 優太さん(40歳・男性・サンフランシスコ・ノマドワーカー)
エロ電話の頻度 週2~3回
時間帯 夕方~深夜
主な相手 年齢、国籍問わず誰でも
よく使うサイト ストリップチャット
道具 遠隔バイブ、Lovense
やり方 ほかの視聴者と協力しながら脱がす
工夫した点 性別に囚われない、固定観念を捨てる

バーチャルセックスにハマったきっかけ

ヒロシ:はじめに、優太さんがネットでバーチャルセックスをするようになった経緯を教えてください。

優太さん:昔から、リアルタイムのエロが好きだったので、自然な流れでエロライブ配信に興味を持ちました。若い頃は、テレクラと呼ばれる音声電話のテレコミでよくセフレを作っていました。当時は、女子高生の援助交際ブームだったので、今で言うオフパコをよく楽しんでいましたよ。

ヒロシ:今でもアダルトなテレコミは続けていますか。

優太さん:いいえ。テレコミは衰退しました。店舗型のテレクラなんてほとんど見かけないですし、全国でも残っているのは数えるほどではないでしょうか。ツーショットダイヤルは、まだ100サイト以上あるかと思います。でも、女性層が高齢化し、中高年のおばさんしかいません。

ヒロシ:アダルトな映像を見せ合える、いわゆるライブチャットもやられていましたか。

優太さん:もちろんです。90年代の後半から2000年あたりが、エロライブチャットのピークだったと思います。でも、当時のライブチャットは、プロダクションと呼ばれる会社に、チャットレディと呼ばれる女性が雇用されていて、エロい配信を提供する構図だったので、どちらかというとキャバクラやガールズバーに近い内容だったと思います。

ヒロシ:今のバーチャルセックスを始めたのは、どのようなきっかけですか。

優太さん:契機になったのは、ストリップチャットとの出会いです。先ほどもお話したように、昔のエロライブチャットはプロダクションに所属するチャットレディが配信をしていましたが、ストリップチャットのような新しいプラットフォームは、プロダクションに所属せず、女性個人が配信をしています。DAOの概念に近い、中央集権型からの脱却だと思います。

ヒロシ:ストリップチャットの仕組みに、衝撃を受けたのですね。

優太さん:はい。しかも、ただのライブ映像だけでなく、リモート操作可能な遠隔バイブにも衝撃を受けました。

Apple Vision Proのメタバースセックスはこんな感じ

ヒロシ:ストリップチャットは、生身の女性が相手のバーチャルセックスですが、Apple Vision Proのメタバースセックスを体験してみてどんな印象ですか。

優太さん:第一印象は、とても素晴らしいと思いました。Meta Quest 3と比較しても、やはりAppleという感じで、映像も操作性も滑らかです。デバイスとしては、期待通りというか、期待以上に満足できると思いました。でも、メタバースセックスという性行為自体は、まだまだ先の未来になると思いましたね。

ヒロシ:それはどういうことでしょうか。

優太さん:現在のメタバースは、オンラインゲームの域を出ていません。バーチャル空間で生活をしたい、その中で性的な行動もしたい、と希望するユーザーは、まだまだ少なく、ニッチな分野です。しかも、メジャーなプラットフォームはアダルトNGなので、表立ってエロを楽しめません。技術的、倫理的の両面で、メタバースセックスという行為はまだ市民権を得ていないんです。

ヒロシ:なるほど。デバイスは追いついてきた印象ですか。

優太さん:はい。Apple Vision ProやMeta Quest 3を見る限り、メタバースセックスを楽しむためのツールは追いついてきた印象です。近い将来、メタバースがオナニーの舞台になるはずです。でも、ユーザーの増加、特に女性ユーザーがどのくらい増加するかは、オンラインゲームのそれを見ても分かるように、楽観的な状況とは言えません。

ヒロシ:メタバースセックスは、まだ時代に追いついていないのですね。

優太さん:その通りです。

ヒロシ:逆に、Apple Vision Proや、将来のメタバースセックスに、期待されていることはありますか。

優太さん:私が今楽しんでいるような、ストリップチャットのような配信プラットフォームは、人間同士のコミュニケーションです。コスプレをして別人のように振る舞うことはできても、性別までは変えられません。でも、3Dのアバターでプレイするメタバース内なら、性別さえも変えられます。男性が女性に、女性が男性になって、セックスすることも可能なのです。強いて挙げるなら、メタバースセックスは性別を超えられるという点が、斬新なメリットの一つと言えます。

人間同士の見せ合いオナニーが最強

ヒロシ:Apple Vision Proを体験した感想として、現時点では、ストリップチャットのようなライブ配信のバーチャルセックスがベストですか。

優太さん:はい。私の個人的な評価としては、ライブ配信の方が勝ります。特に、ラブンスに代表される遠隔バイブの搭載や、VRカメラへの対応によって、昔のエロライブチャットとは比較にならないほどインタラクティブ性が高まりました。

ヒロシ:逆に、対面で会ってセックスをする、出会い系サイトなどは競合になり得ますか。

優太さん:メタバースやAIが進化しても、その分野は衰退しないはずです。近い将来、生成AIとセックスできる日がくるのは間違いありませんが、どんなに流暢にしゃべれる生成AIが誕生しても、チンコをマンコに入れることはできませんよね。

ヒロシ:確かに、ペニスをヴァギナへ挿入することだけは、AIにも不可能ですね。

優太さん:もちろん、AIを搭載したダッチワイフ、等身大のラブドールなども出てくると思いますが、女性器はあくまでもオナホールに過ぎません。ライブ配信も、リアルのセックスも、生身の女性との出会いこそ人間の欲望を満たすものだと思います。

編集後記

今回は、Apple Vision Proをいち早く体験された家電ライターの優太さんに、メタバースセックスとバーチャルセックスの現状と未来についてお話を伺いました。

メタバースや生成AIは、確実に進化しており、デバイスもそれに追いつきつつあります。

でも、エロの業界に関して言えば、人間本来の性欲を満たすという意味において、仮想空間の性行為にはやや弱点もあることが見えてきました。

かつてのテレクラや、アダルトライブチャットが進化し、やがてメタバースセックスに置き換わるというロードマップではなく、あくまでもオナニーのオカズとしての、エロ画像やエロ動画の延長線上に、メタバースセックスが置かれているのかもしれません。

いずれにしても、Apple Vision Proの低価格化、高性能化に期待です。

エロ電話体験談

無料お試し!エロ電話サイトランキング

ハニーライン
ハニーライン

お得 無料体験6,000円分

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

電話オナニーで今すぐ抜けるテレフォンセックスの人気サイトだ。音声通話でオナクラプレイを楽しみたい痴女のお姉さんの言葉...
[料金/詳細はこちら]

テレクラマックス
テレクラマックス

お得 4,000円分無料お試し体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 テレクラ/ツーショット系

ツーショットダイヤルの老舗サイト。電話でバーチャルセックスしたいお姉さん、熟女人妻と即アポ、即ナンパエッチできます。
[料金/詳細はこちら]

No.3 VI-VO

VI-VO
VI-VO

お得 3,000円分無料お試し体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 TV電話/チャット系

ビデオ通話でバーチャルセックスできる素人エロライバーが集まるテレビ電話サイト。ポロリありのエロいお相手とオナニー生中...
[料金/詳細はこちら]

No.4 EAZY

EAZY

お得 最大4,500円分無料体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 ビデオ通話アプリ系

スマホのビデオ通話でオンライン見せ合いデートできるバーチャルアレ見せアプリ。自宅でリラックス中のギャルと生でアレ見せ...
[料金/詳細はこちら]

おチャベリ

お得 2,000円分無料お試し体験

H度 ♥♥♥♥♥

種別 ビデオ通話アプリ系

妄想イメプレでスッキリできるビデオ通話の相互見せ合いアプリだ。素人女性が私生活をパックリ広げて丸見えの顔出しでリモー...
[料金/詳細はこちら]

[もっと見る]


PAGE TOP